スタイル

これからの新しい暮らしのかたち

暮らしのトレンドなどをご紹介

こんな暮らししてみたいな!は実現できます!!


狭い部屋を広く見せる!

狭い部屋を広く見せて、100%使い切ろう!

ちょっとした工夫やコツで今の部屋がもっと広がる。暮らしやすい部屋づくりのポイントご紹介します。


ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)③

2030年の二酸化炭素削減目標達成のために、家庭部門からの二酸化炭素排出量、約4割の削減を目指しています。

その達成のために、国が補助金の事業を行っています。今回はZEHのまとめとして、’補助金っていったい幾らもらえるの?’’補助金をもらうまでのスケジュールは?’をご説明!


シンプルに暮らそう

一日、24時間。やることも沢山。あれも、これも・・・。

そう考えているだけで一日が終わってしまうなんていうことも!

一日の暮らしに自分なりの約束ごとやポイントをつくると、行動にメリハリがでてきて、時間の使い方も整ってきますよ!


自然の力で暮らそう~ハーブで虫よけ~

あたたかい季節になってきて、蚊やハエ、ゴキブリなども活動しやすくなってきたこの頃です・・・。

ヨーロッパなどのハーブが身近にある地域では、庭に虫が嫌う植物を植えて、虫を寄せ付けないようにしてきました。ハーブには、生きるための対策として虫が苦手とする香りを出すものがたくさんあります。その中でも、育てやすく、馴染みがあるハーブをご紹介。


ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)②

前回はZEH推奨に至る、エネルギー消費に関する背景とZEHを可能にする仕組みについてご紹介しました。

 

ZEHと認められると、国から補助金がもらえることも施主にとっては大きなメリットですが、では、どんな条件を満たす必要があるのか。ポイントを押さえましょう。


ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)①

私たちは、日々エネルギーを消費して生活しています。これはどうしようもないことです。

 

しかし、そのエネルギー消費量が年々増加していて、さらに供給側が不安定、価格の上昇があったりなかったり・・すると私たちの生活はすぐに立ち行かなくなってしまいます。私たちの生活はエネルギーを買って受け取るという、外からのエネルギーに依存している部分が大きいのです。ですから、これからの課題としては、エネルギーに関していかに自立していくかということにあります。

ZEHはその方法の一例です。ここではZEHについて紹介していきます。