· 

狭い部屋を広く見せる!

狭い部屋を広く見せて、100%使い切ろう!

ちょっとした工夫やコツで今の部屋がもっと広がる。暮らしやすい部屋づくりのポイントご紹介します。

疲れて出先から自宅に帰ってきて、自宅のごちゃごちゃに余計に疲れた気持ちになったり。

限られたスペースの中、ところせましと並べられた家具などに、、、

なんだか私の方が生活を邪魔されているようなやさぐれた気分!になったりもしますよね。

思えば、広さ重視で引っ越した部屋が、いざ引っ越して荷物を運びこんでみたら、

あれ?こんな狭かったっけ??となって、家具をどこに置くのがベストなのか試行錯誤した日々。

どうにか限られた面積の中でも部屋を広く見せたい!すっきりとした暮らしをしたい!けど、どこをどうしたらよいのかわからない。今回は、そんな私のような悩みを持った方へ・・狭い部屋を広く見せるポイントをご紹介していきます!

○見せたいポイント(フォーカルポイント)を作ることで視線の先を誘導

例えば玄関に入ってすぐのところに、お花やアートが飾ってあると、自然とそちらに視線が吸い寄せられて、他のことがあまり気にならなくなります。

その効果と同じく、お部屋にもフォーカルポイントを作ることで、視線を誘導してイメージを作ることができます。またフォーカルポイントになる部分だけはきちんと片づけておくことで、スッキリとした印象付けができます。

フォーカルポイントにお気に入りのソファーや照明など配置するのも一気におしゃれな雰囲気になって素敵ですね!

○部屋にゆとりの空間を確保する

狭いお部屋だからこそ、あえて何も置かないゆとりの空間を作りましょう。家事をするスペース、着替えをするスペースを確保しておくと、日々の動きにも不便がありません。

視線の先にくるところに広がったスペースがあると、ゆったりとした気分になれます。

○見せる収納と隠す収納だったら、隠す収納を選ぶ

’見せる収納’を多用するとゴチャっとした印象になりがちです。

見せる収納も上手に使うことができれば、もちろん妙案ですが、迷うなら断然’隠す収納’を。

シンプルな棚で統一すれば、整然とした印象に。

○見た目(色)(形)をそろえる

部屋の中でのポイントをつくるための、異を作るのは良いですが、それぞれ家具の色が違ったりするとなんだか気持ちが落ち着かず、狭くも見えます。

色は上品で落ち着いたものを。形はシンプルなデザインのものが、他のものとも馴染みやすくオススメです。

○家具は壁に沿って、なるべく家具の高さをそろえる

家具は壁に沿って配置するようにすると、部屋の真ん中のスペースを確保することができます。また配置する家具の高さは低めにすると圧迫感が抑えられます。そして高さをそろえることで、家具の一体感、お部屋の一体感が出て、まとまって感じられます。

○小さくても、家族それぞれが自分のスペースを持つ

狭い部屋だからこそ、家族個人それぞれのスペースを持つと良いでしょう。

狭くてもいいんです。自分だけの場所があるという気持ち!これがゆとりにつながるのです。自分のエリアは自分の責任!という意識も生まれます。

○片付けのルールは家族みんながわかりやすいように

片付けのルールは、できるだけ細かく、親切に。

誰が見てもわかるようにしておきましょう。

自分だけがわかったつもりでいても、聞いた人は忘れるもの。

いつも使わない場所の使い方であればよけいに・・です。

片付ける場所にテープを貼ったり、見本を置いたりと、丁寧すぎるくらいにやっておく

のがストレスをためないコツです。

○動線を邪魔しない家具の配置

最後に、広く見せる、使う工夫をアレコレしたとして、生活動線の邪魔になるような家具の配置などは本末転倒です。

’これが邪魔だから、これをこちらに移動させて・・・’と、いちいち作業していたら、部屋が散らかる日も近いでしょう。生活動線、家事動線をまず確保して、家具の配置を考えてみましょう。

動きも見た目もスッキリしたら、きっと生活もスッキリとシンプルになり、考え方もスッキリとしてくるでしょう。

 

ほっと、くつろげる、気持ちの良い空間を作っていきましょう。